アルギニンで身長を伸ばす為に必要な中学生、高校生の摂取量

アルギニンは子供の身長を伸ばすには必要な栄養素の一つですが、摂取量を間違えると悪影響にもなってしまいます。

 

中学生や高校生の成長途中の場合はアルギニンの摂取量は1日5gが標準的。

 

アルギニン身長摂取量

 

5gが理想的な摂取量となる理由は、子供の場合はアルギニンを体内で作ることが出来ないので1日5gとやや多めに摂取するのが良いと言われています。

 

また1日の運動量が多い場合は5gを超えて摂取しても消費してしまうので、多めにとっても問題はありません。

 

 

アルギニン自体の毒性は低いので10gや20gとっても問題ないようですが、やはり過剰に摂ると副作用の心配もあります。バランスの良い食生活や運動にも力を入れた方が、間違いなく子供の身長を伸ばすためには良い結果に繋がってきます。

 

 

アルギニンの摂取は食べ物からでもできる?

 

アルギニンという単体の言葉を聞いていると特別なものだと思い込んでしまうのですが、食べ物にもアルギニンは含まれていて、日常の食生活からも身長を伸ばす食べ方が出来ます。

 

アルギニンのサプリが多く販売されている理由の一つとして、アルギニンを含んでいる食べ物は、まとまって食べにくいものが多いので食べ物からの摂取量が少ないという理由があります。

 

 

アルギニン食べ物

 

食品の中で多く含まれているのが豚ゼラチン、その次が鳥の胸肉です。
また大豆類魚類にも含まれているので日常生活からもアルギニンの摂取は可能ですが、毎日献立を考えて食べ過ぎないようにカロリーも考えると同じメニューになりがちで、母親の私たちが苦労することになります^^;

 

そこで活用したいのが栄養補助食品♪ 1日分のアルギニンを簡単に摂取できるので、好き嫌いのある子供にも飲んでもらいやすく献立にも悩まなくて済みます(笑)

 

 

食材選びに困ったり、忙しくて手が回らない時のことなどを考えると栄養補助食品を考えるのも主婦の賢い選択だと言えるでしょう!

 

 

アルギニンは摂取し過ぎると副作用があるの?

 

子供はアルギニンを体内では作れないのでサプリを飲むのが良いと考えてしまうのですが、継続して飲んだ場合の副作用が母親としては気になるところですよね。

 

 

アルギニンの過剰摂取で起きる副作用は大きく分けて、

腹痛

頭痛

下痢

 

といった症状が出てしまいます。
特にきついのが胃が荒れてしまうという事。

 

 

ただ20g以上の量を摂らなければアルギニンの副作用は起きないといわれています。また、日常での運動でカロリー消費にも使われるので、実際には相当量のアルギニンを摂取しなければそこまで副作用の心配をしなくてもよさそうです。

 

身長を伸ばすには成長ホルモンの分泌が必要になってくるので、出来れば多めに摂取させたいところですが多く摂り過ぎないよう注意してあげましょう。

 

 

副作用が心配なら子供用に作られたアルギニンを含む健康補助食品を選ぶ事で、安心して子供の身長を伸ばすサポートをする事が出来ますよ^^

 

 

>>アルギニンで身長伸びた?サプリを子供に飲ませた結果… TOPへ